<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

水川千春

1981年大阪生まれ。現在、5年間移動生活をしながら、各地に滞在して作品を制作しつづける。廃墟、空屋、閉店舗、古いアパート、ドヤ、バー、ギャラリー展示会場内などに滞在、その生活の中から出てくる、風呂の残り湯や廃材、生ものなどをつかって作品を制作する。
賞味期限切れの牛乳でつくられた真っ白な生の絵や、廃棄チーズを彫ってつくられたミニ家具が、会期中に腐りカビが生え変化していく作品や、お風呂の残り湯や、温泉、川の水、雨と調味料で描くあぶりだしの絵。残り湯とゼラチンで出来た、1日で崩れていく生のジュエリーシリーズなど。各地で、ライブ炙り出しパフォーマンスなども行う。
台所やお風呂場など、生活の場所で制作することが多い。
http://www.mizukawachiharu.com/
[PR]
by portogallery | 2012-03-31 00:00 | Artists